シリーズが遂にコンプリート。
オレンジコスメの技術を結集した還元剤’ANCES’。

出来る限りダメージを抑える、出来る限り臭いを抑える、出来る限り価格を抑える、
スピエラ・GMTを使いこなす、すべてを網羅したのがアンセスです。

柔らかさを求める髪へ

◯ 疎水性部分と親水性部分を持っているので毛髪になじみやすい。
◯ 構造が平面的であるため、浸透性が高い。
◯ 酸性側でも還元力が強い。
◯ 施術時に独特のスピエラ臭はあるが、残臭は少ない。
◯ 他の還元剤にはない質感を持っている。

  • 低臭処方スピエラ
  • スピエラ濃度22%

ハリ感が必要な髪へ

◯ 酸性側でチオの薬液に近いウェーブ形成力を発揮できる。
◯ スピエラと同様に酸性域で作用し、アルカリによる膨潤がない。
◯ ダメージの差によりウェーブ効率があまり変わらず、シンプルな施術が行える。
◯ pH設定をうまく行うことで、カラーの色落ちを抑制しながらカールやストレートができる。
◯ GMTが持つ保湿成分により、髪質によってはクリープを効果的に行える。

  • 低臭処方GMT
  • GMT濃度66.6%

等電帯を極める

スピエラやGMTを使いやすくするためのpH=6.8に調整された溶剤で、クリームとカール(リキッドタイプ)があります。トリプルシスやチオグリセリンなどの還元剤をバランスよく配合することで、等電帯での多層還元を安定して行うことができます。熱に反応するメドウラクトンやエルカラクトンを配合することで、熱から毛髪を守りながら配合成分と熱の相乗効果で、毛髪表面や内部の疎水的性質を強化することができます。

【 特徴 】

◯ スピエラとGMTを等電帯領域で使用することができる。
◯ アルカリ膨潤のない状態でも、効率よくS-S結合を切断することができる。
◯ 使用時のpHは1液も2液も酸性側なので、大きなpH移動がなく毛髪に負担をかけない。
◯ 薬液の調整により自由に強さが調整できるので、様々な髪質に対応することができる。

微酸性を極める

スピエラやGMTを使いやすくするためのpH=7.8に調整された溶剤で、アシッドと同様にクリームとカール(リキッドタイプ)があります。アシッドの対応範囲を超えた髪質にGMTやスピエラを使いたい場合、ニュートラルを使用します。溶剤のpHによって比較的ウェーブ効率が変化しやすいGMTに使うことが多いと思いますが、使い慣れてくるとニュートラルで対応する幅も拡がります。

【 特徴 】

◯ スピエラとGMTを微酸性領域で使用することができる。(主にGMT)
◯ ダメージの割にしっかりした髪質で、アシッドでは少し物足りないと感じた場合に活躍する。

コスメ系シスを極める

システインをベースに、3種類の還元剤を配合しています。(システイン・チオグリコール酸・チオグリセリン) 毛髪中の疎水性・親水性部分に存在するS-S 結合をバランスよく切断することで、穏やかでダメージを最小限に抑えた還元を行うことができます。また、毛髪補修成分として、エルカラクトン・メドウラクトン・ハイブリッドポリマーを配合しています。

【 特徴 】

◯ アシッド6.8、ニュートラル7.8では対応できない、健康毛等に使用するシスベースの薬液

ブロム酸濃度10%の高濃度2液で、pH=6.0に調整した低緩衝処方です。補修成分としてカチオン化ケラチン(人型配列)を配合し、カキタンニンによる消臭効果などを持たせた高機能型の酸化剤になっています。クリームとカール(リキッドタイプ)を用意したので、プロセスによってはミックスして粘度調整を行うこともできます。

薬液対応表

ウェーブ効率

アシッドカール6.8
SP22 GMT66.6
10:1 10:1.5 10:1 10:1.5
32% 40% 30% 35%
ニュートラルカール7.8
SP22 GMT66.6
10:1 10:1.5 10:1 10:1.5
39% 45% 40% 46%
□使用毛束
ストレートパーマ(アルカリチオ系)とカラーを数回施術したダメージレベル3~4の毛束を使用
□プロセス
1.上記の毛束を、水巻きで17mmロッドにワインディング/2.それぞれ調整した1液を塗布/3.放置タイム10分/4.中間水洗/5.2液塗布(5分+10分二回塗布)/6.水洗

【溶液(SP22、GMT66.6)】

SP22 GMT66.6
SP濃度 GMT濃度
22% 66.6%
容量
100g 200g

【アシッド6.8】

スピエラとGMTを等電帯領域で使用することができます。
アルカリ膨潤が無い状態でも、効率よくS-S結合を切断することができます。

●溶剤単品スペック

カール クリーム
チオ換算計
0.4
アルカリ度
0
pH
6.8
容量
1000ml 1000g

●スペック

SP22 : ACID6.8 GMT66.6 : ACID6.8
1:10 1.5:10 1:10 1.5:10
SP濃度 GMT濃度
2.0% 2.87% 6.05% 8.69%
pH
5.8 5.7 5.2 4.7
チオ換算計
1.96% 2.64% 3.73% 5.18%
W効率
32% 40% 30% 35%

●黄金比

SP22 : GMT66.6 : ACID6.8
0.5 : 1 : 10
pH チオ換算計 W効率
4.7 4.36% 41%

【ニュートラル7.8】

スピエラとGMTを酸性領域で使用することができます。(主にGMT)
ダメージの割にしっかりした髪質で、アシッドでは少し物足りないと感じた場合に活躍します。

●溶剤単品スペック

カール クリーム
チオ換算計
0.4
アルカリ度
0.5 0.7
pH
7.8
容量
1000ml 1000g

●スペック

SP22 : NEUTRAL7.8 GMT66.6 : NEUTRAL7.8
1:10 1.5:10 1:10 1.5:10
SP濃度 GMT濃度
2.0% 2.87% 6.05% 8.69%
pH
6.1 6.0 6.2 5.9
チオ換算計
1.96% 2.64% 3.73% 5.18%
W効率
39% 45% 40% 46%

●黄金比

SP22 : GMT66.6 : NEUTRAL7.8
0.5 : 1 : 10
pH チオ換算計 W効率
6.4 4.36% 46%

【シス8.8】

アシッド6.8、ニュートラル7.8では対応できない、
健康毛等に使用するシスベースの薬液です。

カール クリーム
アルカリ度
4.1 5.5
pH
8.8
チオ換算計
6.85
W効率
52%
容量
1000ml 1000g

【BS10】

ブロム酸濃度が10%の高濃度2液で、
消臭効果などが高い高機能型の酸化剤です。

カール クリーム
主成分
ブロム酸
濃度
10%
pH
6.0
容量
1000ml 1000g

アンセスプロセスガイド/8p

プロセスガイドは下記リンクよりダウンロードください。

プロセスガイドダウンロード

adobe reader

製品ラインナップ

スピエラ溶液

アンセス
SP22
100g

GMT溶液

アンセス
GMT66.6
200g

アシッド

アンセス
アシッドカール6.8
1000ml

アンセス
アシッドクリーム6.8
1000g

ニュートラル

アンセス
ニュートラルカール7.8
1000ml

アンセス
ニュートラルクリーム7.8
1000g

シス

アンセス
シスカール8.8
1000ml

アンセス
シスクリーム8.8
1000g

高機能型酸化剤

アンセス
BS 10 カール
1000ml

アンセス
BS 10 クリーム
1000g