Orange Blog

阿南毅と小僧の心

酸性ストレートっていうと

2017.05.13

IMG_0680

もはや定番化された1つの技術になったような気がする。何年も何年も前から取り組まれていた方も多くいると思うが、オレンジコスメが製品化して提案や講習活動を始めたのは、約三年前になる。

その当時はほんとに酸性下でしっかりとしたパーマ施術が可能なのか?!と思われることがとても多く、セミナーや講習をしていても不思議そうなというか、ほんまかいな…みたいな視線が多かった。

それが今や講習に行くと、酸性は使っているのだけれど他メーカーの物でオレンジとどこが違うの?とか酸性を使用していたけどやめたオレンジは何故いまも押すの?だったり。当然、まだまだ向上の余地があるし完全に一般的でもないが、それでも三年前に比べると明らかに酸性の市場が作られたんだなと感じる。

ダメージが小さくて、幅広い毛髪に対応可能、コストもアルカリとさほど変わらず、繰り返しの施術にも耐えうる。ざっと酸性の良いところを書いたけれど、こう見るだけですごくメリットがあるなと。

ただ、酸性をサロンワークに落とし込むには技術が必要と思う。上手くない人は使えませんってことではなくて、酸性はこういうものだ、アルカリとはこういう風に違うんだっていう理解がないと、酸性の施術はうまくいかないことが多い。IMG_0681

薬剤ありきではなく、美容師さんの技術ありきといったところだろうか。技術に重きを置けば置くほど、髪のストレスは減っていく。

IMG_0684

アルカリにはアルカリの良さがあるし、酸性が完全だ!なんて言うつもりはさらさらないが酸性メニューはきっと今後も美容界では、欠かせないものになっていくんだろうなと感じた、今日この頃。

スピエラの、匂いがクセに、なってくる。

あなん詠む。

商品のお問い合わせ、サポート、講習依頼の詳細はFacebookメッセージか、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。

カテゴリー:仕事