Orange Blog

阿南毅と小僧の心

続・ヘアスタイルの歴史

2017.08.12

先日書いてて楽しかったので、早速今日も書いていこうと思う。

やっぱ美容関連のことを書くのは楽しいね!

1970年

もうこの頃になるとTVなどでも目にする機会があるし、母親の古い写真をみれば決まった形の

ヘアスタイルが大流行していたんだなと思う。(元気か母上)

 

ただ、なんというか縛られた感?みんながやっているから自分も、みたいなのは1950年~感じる。

自分で書いといてなんだが1970年までは「マス・十把一絡げ」な感が強く、流行したヘアスタイルと

言ってしまうのは少し違いかもしれない

 

 

サーファーカット・・・ロングのハイレイヤースタイルで、全盛期には若い女性の7割くらいはサーファーカットをしていた模様。当時有名なハリウッド女優のファラフォーセットメジャーズのヘアスタイルという説が有力。

 

 

お姫様カット(左) 蘭ちゃんカット(中) ハミルカット(右)

 

    

TVとかでみてると古いなぁ、って思うだけの画像。でもヘアスタイル史の時代を代表する「形」なんだと思えば

見え方も変わってくる。正直なところ真ん中の画像が「蘭ちゃん」か「聖子ちゃん」か僕にはわからない・・・が

ブローやパーマなど技術が駆使された今日の原型といえるスタイルの一つなのかもしれない。

(蘭ちゃんカットは聖子ちゃんカットの前身らしくよく似ている)

 

 

1980年

この頃になると「パーソナル・十人十色」な時代がやってくる。

サスーンカットを始めとした新しい技術・薬剤が日本に定着し、また新たに入ってきた結果、

ヘアスタイル?デザイン?は格段に増えて誰もが思い思いのヘアスタイルを楽しみだすのだ。

 

ワンレン(左) トサカ(中) ソバージュ(右)

  

 

技術の発展により、1980年以前は作ることの難しかったヘアスタイルが作れるようになった。

真っ直ぐ切ることの繊細さ、トサカを維持することの難しさ、たくさん巻くことの大変さ。

1980年は新しいモノづくしに思える。そしてその新しさはことごとくが大衆の気を惹き、その結果

美容業界全体に大きな盛り上がりを起こしていくこととなる。(ちなみに阿南はこの時代に生を受けた)

 

すごいよね。昨日歴史を紐解いて・・・なんて書いたけど、いつまでたっても紐解けないほどに

歴史は膨大。10年前ならいざ知らず、今はインターネットも発達し情報は探せば探すほど見つかる(真偽はわからないこともあるが)

 

この歴史の生き証人とかいるのかなってふと思ったり。

僕は2000年~美容業界に身を投じているので2000年~のことはなんとなく知ってるし、当然感じてきたけど。

それ以前のことは当然調べるしかないわけで。生のライブ感はほぼない。

 

例えば僕が生で感じることのできなかった時代では美容室にパーマをかけたい人が列をなし、

ディーラーさんは車いっぱいにパーマ剤を積んで美容室を回る。メーカーはホモタンクをぶんぶんに回して薬剤を作る。

どこを見ても大忙しで、とても活気があったそうな。

 

そんな時代を生きた人から見た美容と、今の時代を生きてる人から見た美容はやっぱ違うのかな・・・とか思ったりね。

 

未来の人間が考察したときに、今の時代もすごく盛り上がっていたんだなって感心されるよう頑張っていきたいものです。

 

商品のお問い合わせ、サポート、講習依頼などの詳細はFacebookメッセージか、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。

カテゴリー:小僧