Orange Blog

阿南毅と小僧の心

失って初めてわかる

2017.06.25

僕の休日はポテチに始まり、ポテチで終わる。

そう、それが僕。阿南 毅だ。

 

しかし、この2週間の僕は別人かもしれない。

 

なぜならポテチを絶っているからだ…。

 

本当に大切なもの、人生において欠かすことのできないものをなくした時(人はまた別の話)絶望が自分を襲うものだと思っていた。

 

でも、違うんだな。

 

僕に今あるのは『無』それしかない。

 

知っての通り、僕は食べることが大好きだ。

好き嫌いはあるけど、食に常に一生懸命だと思う。

 

しかし、今は食に関心がないのだ。

 

今日なに食べよっかなぁ、って考えても考えても、食べたいものが出てこない。

 

これは自分が一番食べたいものが、どうあっても食べられないから。2番目のものを食べても欲求を満たすことはできないと自覚しているからだと思う。

 

とはいえ食べないとお腹は減るので、なにかしらは食べる。

誰かと一緒なら美味い美味いといって食べるし楽しいのだけれど、心ここにあらず…

 

なにを食べても一緒。すなわち『無』なんだな。

 

それだけ一番って大切なこと。

 

R舫が言った「2番じゃダメなんですか!?」

僕は言う「ダメに決まってる」

 

Sマップは歌う「ナンバーワンよりオンリーワン」

僕は思う「オンリーワンの前にナンバーワン」

 

ポテチにかけてきた時間、労力、お金。どれをとっても自分の世代ではナンバーワンだという自負がある。

 

だからこそポテチは自分のアイデンティティになりえた。

 

いつか食べるその時まで、本当の自分は封印だな。

 

無理矢理な置き換えだけど、これがパーマだとしたらどうだろうか?

オレンジコスメのアンセス、ファッソ、ワンダー、全国で多くのお客様にご愛用いただいてるカーリング剤。

 

これがある日突然使えなくなってしまったとしたら。

その方達は僕と同じ『無』となるのだろうか。

 

当然プロの方達だからそんなことはないだろうけど、メーカーとして思うのは「他に替えのきかないもの」を作り続けたいってこと。

 

日々新しいものが生まれる時代。

スーパーやコンビニに行けば最新のポテチや期間限定、地域限定のポテチがこれでもかと目に入ってくる(ポテチ不足も解消されてきたしね)

 

でもね、僕はそれに興味をもつことはない。

なぜなら知っているから。

 

うすしおとコンソメは始まりにして究極、至高だと。

 

研究者からすると「いま作っているものが一番」だと言う。それをなくすと進歩はないと。

 

新しいものが最高ではない、しかし新しさを求めなくなった時点で、それは化石となる。

 

商品も思考も活動も日々アップデートしてのぞみたいものだ。

 

僕に必要なのはポテチか、それとも…

 

商品のお問い合わせ、サポート、講習依頼などの詳細はFacebookメッセージか、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。

カテゴリー:日常