Orange Blog

阿南毅と小僧の心

大反響

2017.06.29

これは爆発的にヒットする。

商品サンプルを見るや、全社員が声を揃えて言った。

 

IMG_1162

 

こんな時代だ。そうそう物は売れない。

だからよく聞くよね、

モノ売りじゃなく、コト売りであれ。って。

モノの売り方もわからないのに、迷走してコトコト言いたくはないなぁって思ったり。

 

もうモノとかコトとか関係ない

そう思わせるほど、モノだけで独走してしまうほど独創的な商品。

 

その名も

『awa cotton 泡コットン』

 

オレンジコスメとは別ブランドのエルマン薬粧から7/4にDebutする。全身用化粧水

 

昨日、Facebookで紹介動画をあげたんだけど誰が観てるの?!って思ったほど半日で反響があった。

ブログを読むのが面倒な人はわずか1分の動画なので是非ご覧くだされ。

 

 

この『泡コットン』発売前だというのに、すでに予約完売状態。え?まじで?ってなるよね。

これはヒットする、そうみんな思ってたけど

その予想の遥か上を飛び越えていくなんて、誰が思っただろうか。売れそうで売れない物なんて、この業界には腐るほどあるしね。

 

でも、どうやら泡コットンは本物らしい。

終売まで、ずっと品薄または予約で欠品が続きそうなのでご購入はお早めに…

 

泡コットンの特徴を少し書いて見る。

 

まずは商品名の通りだけど、この商品は泡がコットンに変わる。

そして、そのコットン?繭?(個人的には繭の表現が好き)の中には

マイナス16度まで冷やされた美容成分が入っている。

 

代表的なところで

1.発酵熟成プラセンタ

2.コエンザイムQ10

3.EGF

が入っており、普段使いの化粧水として重宝されること間違いなし。

 

そのうえ、美容成分は上でも書いたように

マイナス16度だ。

 

マイナス16度はカナダのトロントの真冬の気温。と言ってもわかりにくいが、冷凍庫の中って言うとわかりやすいかしら。

 

冷たい物って時間とともにどんどん、その冷たさを失っていくが、泡コットンはいつでもマイナスの温度は変わらない

 

使いたい時に、冷やしたい時に、どんな場所でも泡コットンがあれば簡単にケアが可能。

 

夏は暑い、

 

ただ今年の夏は例年に比べても暑さが尋常じゃない「スーパー猛暑日」なるものが連日あると気象庁が発表したほど。

 

暑い。

 

しかし、この泡コットンさえ持っていればどんな暑さがきたって

 

トロントの真冬状態になれる。

 

商品のお問い合わせ、サポート、講習依頼などの詳細はFacebookメッセージか、anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。

カテゴリー:情報

最新の記事

カテゴリー一覧