Orange Blog

阿南毅と小僧の心

もうあきらめています 「行121」

2017.09.09

兄より優れた妹などいないのだ。

どうも、オレンジコスメのアナキンこと阿南です。

 

 

えぇ、たくさんいますよ。てか比較するものではないですしね。なんとなくジャギの台詞をパロりたくなりまして。理由は近日中にわかります。

 

前にも書きましたが、僕はこう見えて読書が趣味だったりします。本として世に出るくらいだから読むだけでほほぉ…となることもしばしば。ただ、そんな簡単に良冊に出会うこともないので最近は間違いなく良冊に出会う鉄板の手法をあみ出しました。

 

 

それが「自分より偉い人のオススメ本を読む」ということです。これはほんと間違いないですよ。偉い人っていうとなんか卑屈な感じにとられるかもしれませんが、経験豊富でてっぺんにいる人が読んでた本って絶対面白いし役に立つと思いませんか?

 

今日はそんな本からの学びです。

 

自分の所属する企業に置きかえてみてください。

あの人のことはもうあきらめてます。そういうの聞いたことないでしょうか?

 

僕は言われたこともあるし、言いそうになったこともあります。ただ、諦めると決めても簡単に諦めきれないのが人生です。

 

だから「諦める」=「考えたくない」になるのかなと。だけども考えないわけにもいかない。

 

諦めるっていうのは結構難しいんですよね、実際は。

 

そこで諦めないために、マネジメント手法やその他諸々を徹底的に試す人もいます。そういったセミナーに対象者を参加させたりして。でもそういうのって逆効果だったりして、あまり役に立たない。

 

 

また一方では膝をつき合わせて対象者と話す人もいる。腹割って話すと大抵の人はわかってくれますよ。目上の気持ちをね。人によっては「自分、変わります!」って感動的な話になることもあってりして…。

 

でも3日経つと元に戻る。人間なんてそんなもん。一瞬の気まぐれでしかないんですね。

 

じゃあ結局なにやってもダメじゃないか、諦めたくなくても、諦めざるをえない。そう思うかもしれませんが会社を去る人ならいざ知らず、会社に在籍する人間を先に書いたように諦められるはずがないんですよ。

 

で、どうするか?ってことなんですが、1人1人、個人個人の成長を促すのは後です。対象の個人を伸ばすのはとても難しい。

こっちをやってると、あっちがまずい。あっちをやってるとそっちがまずい。こうなってしまう。本来使わなければいけないパワーはそこではないですし。

 

そこで個人ではなく「集団を高める」方法をとることが重要になります。例えばなにか1つの目標に全員本気で取り組ませてみる。

 

パーマ比率向上を掲げているなら、スタイリストだけでなくアシスタントもレセプションもオーナーまでもがやる。統一してやる。同じ意識をもってやる。(これがめちゃくちゃ大変だけど)

 

そうすれば必ず結果はついてきます。比率が万が一上がらなかったとしても、取り組んだ全員にとって間違いなく良い成果がついてきます。

 

もちろん集団を高めることも簡単ではないです。ただ個人を高めるよりかは力を温存できるのかなと思います。個人だと直々にってなりますが、集団だと誰かが変わりをしてくれるケースもあって、そこだけにパワーを割かなくてよくなりますからね。

そのぶん他に力を回せるようになり、結果「任せる」っていう思いもよらぬスタートがきれることも。

 

 

あきらめてます。そう言われる人ほど実は能力を秘めています。

 

ブルゾン風に言うなら

「諦めないで、良かった」ですかね。

 

商品のお問い合わせ、サポート、講習依頼などの詳細はFacebookメッセージか、

anan@orange-cosme.comまでよろしくお願い致します。

『http://orange-cosme.com/』

カテゴリー:小僧